ファッション通販のおすすめの安くてカワイイ人気サイト!

安くてカワイイファッション通販の人気の口コミや評判・オススメ・詳細情報を交えてご紹介しています。

ファッション

若手社員の嫌がる忘年会が「日本のモノづくり」を救う理由(ダイヤモンド・オンライン)

投稿日:

スポンサーリンク

自分に合うファッションを見つけるには、毎日でもオシャレを楽しみたい20代女性にとって日々のコーディネートは悩みの種です。
マンネリ化からは脱却したいけど、思い切って新しいスタイルに挑戦するには今一歩踏み出せない…なんて声もちらほら聞こえてきそうです。

なんといっても最近は、「あの人が抱く想い
私は愛されてる?
」について注目されているからなのです。

ですが、この「coca公式サイト」もとても人気があるようです。

それでは、この「coca公式サイト」についてもう少し詳しく説明いたしましょう。

coca(こか)公式サイトは【全品送料無料/返品無料/交換無料/即日配送】「買ってから選ぶ。」事ができるレディースファストファッション通販サイトです。

ではさらに、「あの人が抱く想い
私は愛されてる?
」に関連することを、もう少しご説明いたします。

日本国内では、ファッション誌の編集部の拠点はほとんどが東京に集中しています。ファッションの消費傾向は雑誌が提示する方向性とほぼ同じような経緯をたどるため、日本の首都・東京はファッション市場において無敵の影響力を誇っていると言えます。また雑誌も関東の読者をターゲットに発刊されている雑誌が多く、一部を除くと多くのファッション誌は、関東地域の読者によって支持されているようです。

それでは、最近注目のニュースのなかで、参考になりそうな記事を上げてみたいと思います。

[ 元の記事 ]
出典元: 忘年会に「行きたくない」「そんなもの消滅すればいい」などと嫌う若手社員が増えている。日本の職場に忘年会は本当に必要なくなったのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

● 忘年会に行きたくない若者が続出 それでも大切な行事である理由

 忘年会シーズンも佳境ですが、みなさん、忘年会は楽しめましたか。インターネットのニュース検索で「忘年会」と検索をすると、「いきたくない」「忘年会消滅」なんて記事が並んでいるようです。

 日本法規情報という会社が2016年に行った調査では、実に6割の人が忘年会への参加強要を「パワハラ」と考えているようです。「自分が楽しいのだから部下も楽しいはずだ」と思っている会社のおじさん方は、要注意です。

 最近の若者は、忘年会に冷めた視線を送っているようです。かく言う筆者も、サラリーマン時代の新人の頃、忘年会などの部署の飲み会がとても嫌でした。「新入社員なんだからお酌をして回れ」と言いながら、課長たちは高いワインをバンバン開けて、支払いは完全にフラット割り勘。新入社員にとっては結構辛かった経験です。

 飲み会だけではありません。今にして思えば、人事に直接提出するはずの上司評価の用紙のコピーをよこせとか、気に入らない課員の送別会の禁止令を出すとか、当時の職場は相当ブラックでした。ただし、前職の会社のためにフォローしておきますが、これは特定の上司の話であり、当時、社内でもこの話をすると他の部署の人にはびっくりされていたので、他部署はいたって正常だったんだと思います。

 さて、余談が過ぎました。今回の本題は「忘年会は業務遂行上、必要なのか」ということについてです。結論から言うと、全くいらない職場もあれば、忘年会のようなイベントが業務効率を上げる職場もあるだろうということです。

 では、その違いはどこから来るのでしょうか。ひとことで言ってしまえば、日本的な仕事の仕方が慣行となっている職場では、忘年会もまた役に立つだろうという、直感的に当たり前な結論になります。では、その日本的な仕事の仕方とはなんなのか、またそれが忘年会とどう関係しているのかについて、考えてみましょう。

こちらのファッションプレスのツイッターと世界で愛される人気キャラクターのスヌーピー情報!サイトも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-ファッション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Safari向け『GhosteryLite』がリリース。より強固な広告ブロックとプライバシー対策が可能に(ライフハッカー[日本版])

スポンサーリンク 女性の20代は若さと大人の魅力、その両方が交わる輝きに満ち溢れている時期です。 だからファッションに関しては、10代では着ることの少なかったきれいめやモード等の大人な系統も着こなせる …

no image

ラグビー日本代表の前にそびえ立つ「世界10強」の壁。(BEST TIMES)

スポンサーリンク 近頃は、ネットでお洋服を買う方がとても多くなり、むしろ主流になりつつあります。 なんといっても最近は、「Luxna(ラグナ)」について注目されているからなのです。 ですが、この「WO …

no image

ユニクロが商品戦略を転換か?海外で実感した小売業界の地殻変動(ダイヤモンド・オンライン)

スポンサーリンク 近頃は、ネットでお洋服を買う方がとても多くなり、むしろ主流になりつつあります。 なんといっても最近は、「レディースファッションサイト[公式]Re:EDIT」について注目されているか …

no image

フィフス・ハーモニーのローレンとノーマニがソロ新作公開(メディアゴン)

スポンサーリンク ファッション通販では、激安なのに可愛い服が多く、愛用者も多いことで有名です。 なんといっても最近は、「アゲ嬢がヒソカに使用するカラコン」について注目されているからなのです。 ですが、 …

no image

オセロ世界王者の賞金は52万円、プロとして食うのは困難(NEWS ポストセブン)

スポンサーリンク ファッション通販は、20代女性に人気のブランド|可愛くて安いブランドがたくさんそろっています。 なんといっても最近は、「\携帯&PCで/オークション[モバオク]」について注目されて …